つくばにきました

科学の街。つくば市に来ました。
来たといっても遊びにきたんじゃありません。
引っ越してきました。
エキスポセンターでプラネタリウムを見たり、
国立植物園で植物を見たり、
市民プールに子供を連れて行ったり、
いろんなことを楽しみたい。

About Me...

About Me...
稲見優卯子(いなみゆうこ)
1974生まれ
2004セツモードセミナー卒
茨城県つくば市在住。
原画販売はminne
契約会社Stock illustration 株式会社Afro
イラストレーションは個人の方もお気軽にご相談ください

yuko inami Instagram

原画販売 minne shop

YUKO INAMI IILUSTRATIONS

facebook

LINE shop

Google+ Badge

About Me....


保育士資格
幼稚園教諭免許取得後、
赤ちゃん、幼児が日常生活を送る保育園で5年程勤務。
25歳で退職。新宿にあったセツモードセミナーに入学。
30代後半から病気をしている時間が長く、
しばらく療法しながらの40代。
もうすぐ40代後半に突入だ.....

それから私は高齢出産をしました。陣痛が26時間。
ってすごい陣痛でした。
てなわけで、子育て世代です。

使用画材は主にシャープペンシル、インク、水彩絵の具など。
線画、コラージュで、子供の世界や、
女性の柔らかなあたたかさ、
世の中のいろいろなことを叙情的に表現するように心がけています。

賞歴
銀座月光荘ムーンライト展 2008入選
銀座月光荘ムーンライト展 2009入選
詩とファンタジー 2009 やなせたかし氏、宇野亜喜良氏選
月刊MOE 2009 入選
銀座月光荘ムーンライト展2011 入選
銀座月光荘ムーンライト展2012 入選&小画箱賞  
詩とファンタジー2012  入選

展覧会
月光荘ムーンライト展  出展2008.8
月光荘ムーンライト展  出展2009.8
個展「満ち満ちていく冬の空は」 月光荘 2009.1
個展「みどり色の研究室」 月光荘 2009.12
グループ展 *in Kuala Lumpur 2010.5
グループ展2010.8
月光荘ムーンライト展 出展 2011.8
月光荘ムーンライト展 出展 2012.8「小画箱賞受賞」
月光荘画材店 小画箱賞記念展 2013.12
2017年 株式会社aflo様でStock Illustrationはじめました。




最近はですね、
だいたい家の中にいます。実家と病院以外、あまり外出しません。
具合が悪い事を隠さない事にしました。
療養中なので、打ち合わせなどはビデオ通話でお願いしています。
外出は、ヘルプカードも持って、
家族に同伴をお願いしています。


趣味
ソレイアードのファブリック愛好家です。
ねこ愛好家。
我が家の猫のスーちゃんは杉並区下井草で出逢いました。
とあるブロガーさんから画像拝借。
地域猫だったスーちゃん。

スーちゃんとの出逢いを書きます。
地域猫だったスーちゃんは、子猫のとき、
飼い主の引越に伴い、遊歩道に放置されたそうです。
8年ほど、地域猫として暮らしていた。らしいです。
私はそのころ、杉並区に引っ越してきて、
スーちゃんの餌やりさんになりました。
ある時、餌やりにいくと、スーちゃんが
しばらく姿を見せません。
数日経ちました。

スーちゃんは、なんと。入院していました。
ある雨の日、瀕死の状態で
通りすがりのお姉さんに助けを求めたという、スーちゃん。
そのときは腎臓がもうダメっぽかったので、
長生きはできないだろうといわれていたんだって。
でも心優しい近所のお姉さんがスーちゃんを助けてくれて、
(←これはわたしじゃなくて、とある近所のお姉さんです)
スーちゃんを病院に入院させていました。
数万円もかけてくれたんだって。
(もちろんお財布は持ち出しだったそうです)
それからやや回復したため地域に戻したそうで、
またちょくちょくスーちゃんは
餌場にやってくるようになりました。
そのお姉さんは
いろいろ餌やりの私に話をしてくれました。
私は、その地域ねこ&スーちゃんの
餌やり地域世話人だったのですが、
そのお姉さんと会話しているうちに、なんだか話の流れで
もうわずかの命だから、
お家で看取ってあげてくださいませんか?
というので、スーちゃんを引き取る事になったのです。

あと数日かもしれない、という猫だったのに。
死にそうだった猫の生命スイッチが入ってしまいました。
何度も言いますが、一度だめになった腎臓に
生きるスイッチが入っちゃったんですねえ。
それから8歳だったスーちゃんは、18歳になりました。
推定ですけど。